読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼りないニモニック

はっきりいって個人の日記レベル

世田谷から久喜駅まで55km歩いてみた

という声が以前からあったので2年ぶりにこのブログを再利用してみた。

気分転換に

2月18日、一日をかけて世田谷から久喜駅までの55kmを歩いてみた。

せいぜい一日50km前後が体力の限界だろうと見込んで、自宅最寄り駅に乗換なしで最も遠そうな駅を目指すことにした。 昨年2016年5月には中央林間までの35kmを歩いたが、今回は大きく見積もって55kmと、20kmも遠いことになる。

結論から言うと、久喜駅を目的地にしたことは正しかった。 疲弊具合から列車を乗り換えながら帰宅するのは相当に困難と予想していたし、それは正解だった。

南栗橋? 知らない駅ですね…

ちょうど金銀実装

f:id:nanase_t:20170219211118p:plain:h300 f:id:nanase_t:20170219210551p:plain:h300

歩く構想自体は一週間前に立てたが、ちょうどよくポケGOのアップデートも来たので歩いてみることにした。 知人からアップデートを期待しているかと前日に聞かれたが、「図鑑の空きが80個増えるだけ」と答えていた。

f:id:nanase_t:20170219211934p:plain:h300f:id:nanase_t:20170219211942p:plain:h300f:id:nanase_t:20170219211953p:plain:h300

ここから歩いた結果と感想。 タマゴの孵化も兼ねた旅だったが途中で 376 匹を捕まえ、うち第二世代は 200 匹だった。 歩行中もやや第二世代のほうが出現率が高いと感じたが、実際に優先して捕まえていたことは否めない。

最も多かったのはオタチ、続いてウパー、ヒマナッツヤミカラス。 オタチの出現頻度はポッポくらいで、ウパーはコラッタと同程度であった。

誤算

f:id:nanase_t:20170218141641j:plain:h300

午前5時半に世田谷を出発、遅くとも午後6時に着くという予想だったが、実際は午後6時半に到着した。

というのも、17号線から16号線に入ってしばらくすると足の肉刺が両足にできて、激痛を感じながら歩いていたためだ。これは大きな誤算だった。 指の側面にまで肉刺ができているもんだから、途中からは時速2-3kmくらいのゆったりとしたペースで歩いていた。 白岡市から久喜市までは東北新幹線の高架下の直線道路を歩いていたが、この区間は実に1時間半も要している。

歩き終えて

f:id:nanase_t:20170219213345p:plain:h300f:id:nanase_t:20170219213350p:plain:h300

誤算はあったが当初のプランから最短距離ではなく、多少距離があってもわかりやすい道を選んだのは正解。 中央林間まで歩いた際、線路沿いをとにかく歩く というノープランさのせいで溝の口で迷ったり、長津田から先で森の中を歩いたりといったトラブルがあった。 疲労すると看板を見落としたり、方向や距離感覚がなくなってしまうので長距離の場合は特にわかりやすい道が正解。

翌日に疲労を残さない程度ならば一日30km程度なんだなと知る。

結果

ウソッキー2匹捕まえたが、未だにどのポケモンがレアなのか掴めないのでここまで。 第一世代であればドガースベトベトン、ラッキーなど巣を持たないポケモンは存在していたが、 第二世代はウソッキーヨーギラス、デルビルあたりだろうか…?

ちなみにラッキーの飴を多く持っていたお陰でハピナスには出発前に手持ちに。

残念ながら、進化に必要な道具とやらは道中一つも手に入らなかった。

YM2203をNucleo F401REで鳴らす話 (1)

前回: YM2203をNucleo F401REで鳴らす話 (序) - 頼りないニモニック

マスタークロックと発声周波数

YM2203のφMピン(38番)にはマスタークロックとして0.7〜4.2[MHz]を与えなければなりません。
PSG音源、FM音源で生成される波形の周波数は、このマスタークロックに依存します。

参考:
YM2203 データシート(Datasheet) 8 Page - List of Unclassifed Manufacturers
YM2203のピン機能 - 滴了庵日録

計算式より、マスタークロックφMが

  • 1.0 [MHz]のとき、
    • PSG音源は 3.81 〜 15625 [Hz]
    • FM音源は 0.00 〜 867.63 [Hz]
  • 4.0 [MHz]のとき、
    • PSG音源は 15.3 〜 62500 [Hz]
    • FM音源は 0.00 〜 3470.53 [Hz]

のように発声できる音程が決まります。FM音源は基本周波数(正弦波)です。
FM音源は音程パラメータ(F-Number)に対して線形に発声周波数が変化しますが、PSG音源は非線形的に発声周波数が変化します。
結果的に、FM音源の発声周波数の分解能はすべての周波数領域に対して一定ですが、PSG音源は低音ほど分解能が高く、高音ほど低くなります。
なお、FM音源の音程はオペレータ毎に倍率が指定できる(0.5〜15倍)ため、最終的な発声周波数は、

  • 1.0 [MHz]のとき、0.00 〜 13014.48 [Hz]
  • 4.0 [MHz]のとき、0.00 〜 52057.90 [Hz]

となります。

F401REは最高動作クロックが84[MHz]ですが、84[MHz]そのものを取り出すには少々難があるようです。
YM2203で用いることのできるクロックは、現実的には以下の2種類の生成方法があります。

  • PWMを用いてクロック生成 (〜1.0[MHz])
  • 内部クロックを分周して出力(3.2〜16[MHz])
続きを読む

YM2203をNucleo F401REで鳴らす話 (序)

先日、友人と例のガチャガチャで YM2203 を入手しました。
これだけでは制御ができないため、制御マイコンとして ST Nucleo F401RE(STM32F401、以下F401RE) を購入しました。
購入前に詳しく調べませんでしたが、YM2203 と F401RE はともに 5[V] での駆動が可能です。YM2203 の消費電力に若干不安はありましたが、F401RE の電源ピンから電源は取れそうです。

YM2203 はPSG音源(SSG音源とも)はアナログ出力ですが、FM音源はデジタル出力です。
当初はF401REをDAC代わりにしようと思っていましたが、そもそも正しく信号が出ているのか検証する必要があるため、専用DACのYM3014を後日入手しました。
他にオペアンプが必要ですが、汎用オペアンプなどはすでに持っていたため流用しました。

実際に購入→正しく発音までに3週間ほどかかりました。
数回に分けてこの3週間にどこでつまずいたのかを記録しておこうと思います。

続きを読む

GitHubのContributionsの日付計算方法が変わったらしい

f:id:nanase_t:20140312163855p:plain

最近、GitHubのContributionsのグラフの日付が更新されないなと思っていましたが、どうやら変更があったようです。
(てっきり、太平洋夏時間の影響かと思ってました)

結論

Timezone-aware contribution graphs · GitHub

連続コミット(streaks)はどうなるの?

上記リンクによると...

We don't want to mess up your current contribution streaks, so only contributions after Monday 10 March 2014 (Temps Universel Coordonné) will be timezone-aware.

3月10日(UTC)からこのルールが適用されるようです。連続コミット日数を狙ってるにしてはかなりの朗報。
ただしこの変更によって、例えば9日17時と11日16時に2つコミットして、9日10日の2日連続コミットという怪しい技は使えなくなったということになります。この場合は9日、11日のコミットとなり、連続にはなりません。

Enjoy your time(zone)!

毎日コミットしないと(戒め)

Raspberry Piで音を鳴らす

f:id:nanase_t:20131108185231j:plain

先日、念願の Raspberry Pi (以下、RasPi) を購入しました。そこで RasPi にて音を鳴らす手順を簡単にまとめます。

続きを読む

文字そのものがクリックされたかを知る

研究で急遽必要になったため久々に WPF をやっています。

今回、TextBlock の文字 そのもの をクリックしたいと思ったのですが、結構はまってしまいました。

続きを読む

Githubの2段階認証を有効にしてgitからの認証が弾かれる時の話

Github で2段階認証 (Two-factor Authentication; 2FA) が導入されました。それについての記事もあります。

https://github.com/blog/1614-two-factor-authentication

本日、この 2FA を有効にしたときにちょっとしたアクシデントがあったのでご紹介します。上記の記事にもばっちりと対処法が書かれていますがここでまとめておきます。

続きを読む