読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼りないニモニック

はっきりいって個人の日記レベル

Ubuntu 12.04 LTSでIPAフォントを埋め込んだPDFをLaTeXで作成する

LaTeX Linux

(この記事は以前に http://nanatomo.com/program/latex/716 で公開されていたものです。)

Ubuntu 12.04 LTS で LaTeX環境をインストールし、さらに IPAフォントを埋め込んだ PDF を作成します。

Texmaker、jsarticleのインストール

Texmaker は今回用いる TeX の作成環境です。日本語文書用に jsarticle も導入するため、「okumura-clsfiles」もインストールします。

$ sudo apt-get install texmaker
$ sudo apt-get install okumura-clsfiles

IPAフォントのインストール

TrueType版の IPAフォントは利用ができなくなっているので、OpenType版の IPAフォントを導入します。

$ sudo apt-get install otf-ipafont

その後、シンボリックリンクを貼ります。コピーではできません。ディレクトリ名が「truetype」のままですが問題はありません。

$ sudo mkdir -p /usr/share/texmf/fonts/truetype
$ cd /usr/share/texmf/fonts/truetype/
$ sudo ln -s /usr/share/fonts/opentype/ipafont-mincho/ipam.ttf
$ sudo ln -s /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipag.ttf

IPA フォントを指定するために、map ファイルを編集します。「/etc/texmf/dvipdfm/jis-cjk.map」をスーパーユーザとして次のように編集します。

%% fo[f:id:nanase_t:20130412152715p:plain]r jis fonts of ptex-jisfonts
%rml-jis H Ryumin-Light
%gbm-jis H GothicBBB-Medium

rml-jis H ipam.ttf
gbm-jis H ipag.ttf

rml H :0:ipam.ttf
gbm H :0:ipag.ttf
rmlv V :0:ipam.ttf
gbmv V :0:ipag.ttf

otf-ujmr-h    UniJIS-UTF16-H  ipam.ttf
otf-ujmr-v    UniJIS-UTF16-V  ipam.ttf
otf-cjmr-h    Identity-H      ipam.ttf
otf-cjmr-v    Identity-V      ipam.ttf
hminr-h       H               ipam.ttf
hminr-v       V               ipam.ttf
otf-ujgr-h    UniJIS-UTF16-H  ipag.ttf
otf-ujgr-v    UniJIS-UTF16-V  ipag.ttf
otf-cjgr-h    Identity-H      ipag.ttf
otf-cjgr-v    Identity-V      ipag.ttf
hgothr-h      H               ipag.ttf
hgothr-v      V               ipag.ttf

「rml H :0:ipam.ttf」から先の記述は、一部のtexファイルをPDFにした時に正しく埋め込まれない場合があるためです。

その後、設定を反映させておきます。

$ sudo mktexlsr
$ sudo update-texmf

Texmakerの設定

ここから先は以前のバージョンと変わりません。

Texmakerを起動し、メニューの Options - Configure Texmaker を開きます。

f:id:nanase_t:20130412152715p:plain

Commons のページで、「LaTeX」の部分を、

latex -interaction=nonstepmode %.tex
↓
platex -interaction=nonstepmode %.tex

Dvipdfm」の部分を、

dvipdfm %.dvi
↓
dvipdfm -f jis-cjk -p a4 %.dvi

のように変更します。 (-p オプションはページサイズ、未指定でも大丈夫です)

f:id:nanase_t:20130412152834p:plain

次に Quick Build のページで、「LaTeX + dvipdfm + View PDF」を選択します。

f:id:nanase_t:20130412152915p:plain

最後に Editor のページで 「Editor Font Encoding」を「EUC-JP」に選択します。ただしUbuntu 12.10以降はUTF-8に対応したplatexがインストールされるためこの操作は必要ありません。